熱が36.9度になると大騒ぎする夫

毎日寒いですね。

普段とても元気な夫が体調を崩してしまいました。
「だるい」と言って辛そうです。かわいそうに。

夫は体調を崩すとすぐに熱を測ります。
「絶対熱あるよ」って。でもこういう時、9割ないです。

そして36.6くらいだと明らかにがっかりします。
「おっかしいなー」って。(そして体温計の故障を疑う夫)

それからだいたい5分おきに測定します。
そして36.7、36.8くらいになると、微妙に騒ぎだします。
それは祭り前というか、嵐の前みたいな感じに似ています。

私がちょっと何か言うと、
「平熱はもっと低いから!」とムキになります。
(祭り前とか書いてますが私も多少は心配しています)

そしてついに36.9℃!きたよきたきた。
この36.9が表示されるとさあ大変。

「リーチだから!熱あるのと一緒!」

このせりふは何度も聞きました。
リーチというワードも必ず出てきます。

そしてものすごく騒ぎます。もう大騒ぎです。

「大変、大変!」と、あわててお風呂に入ってパジャマに着替えて、すぐに寝ます。
あれ?元気そう? ・・・に見えますが、そうではないようです。

そしてシーンと静かになります。

で す が。

その後も寝ればいいのに、ダルイはずなのに、布団の中で何度か熱を測っているようです(体温計の場所が若干ずれているのでわかります)
そして37.0以上になることは滅多にありません。

元気な夫で良かったです。(いや元気じゃないんだけど)

最後に

私が、「熱なくて良かったね!!」と言うと「ほぼある」みたいなことを言って不満そうな顔をします。

ちなみに、ごくごくたまーーーーに、37.0になると、まさに鬼の首をとった状態になります。
軽くドヤります。

というわけで今回も熱がでませんように。
早く良くなりますように。

追記 結局熱は上がりませんでした。良かったです。

ぽちっとしていただけると励みになります!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です