ウィンザーホテル宿泊で夕食は子供希望のギリガンズアイランドにしました

続きです。ザ・ウィンザーホテル洞爺のジュニアスイートに宿泊した時の記録です。

夕食はフレンチレストラン「ギリガンズ・アイランド」を予約しました。

鉄板焼きか和食がいいなぁと思っていましたが、子どもが和食より洋食を希望したので。お箸よりナイフとフォークを使って食べるのがかっこいいというお年頃(?)らしい。

ミシュランの三ツ星の高級フレンチ「ミシェル・ブラス」は当然ドレスコードがありますが、こちらはドレスコードがないので子連れのファミリーでも気楽です♪

一応レストランを電話予約した時にドレスコードについて確認すると、「お好きな服装でどうぞ!」とのことでした。
実際みなさんラフな服装でした。子どもも一緒なのでとっても気楽~。

ギリガンズ・アイランド Gilligan’s Island

ギリガンズ・アイランドは2階のエレベーターを降りてすぐ左手にあります。

「ギリガンズ・アイランド」っていうのは昔のアメリカのドラマのタイトルだそうで、お店の中は船関連のオブジェがあちこちにおかれていてドラマの世界観を表現した内装になっているとの事ですが、ドラマを知らないので良く分かりません。


「面舵いっぱ~い」、ってやるアレ。


船の何かと何かです。

これも船の・・・大きめの何かですね。曖昧ですみません。

1つずつ説明していただきましたが完全に忘れてしまいました。実際に船で使われたものだそうです。次回行く機会があれば聞いて訂正します(未定)。

90席ほどあるみたい。

前回も書きましたが、宿泊日の3日ほど前に予約したので19時半しか空いていませんでした。もう少し早い時間が良かったな。

席は窓側でしたが夜なので何も見えず。

ディナー・メニュー(2018年3月)


ディナーコース羊蹄 10098円
「羊蹄」のメインは、子羊の煮込み。または1500円追加で黒毛和牛のサーロイン


ディナー「洞爺」 14256円
「洞爺」のメインは黒毛和牛のサーロインです。他にフォアグラなど

せっかくなので12000円のコースにしましたー。


子どものメニューは「お子様プレート」が約3000円、「お子様コースメニュー」が約5700円です。

「お子様プレート」は量も少なく内容も海老フライやミートボール、パスタなど、かなり小さい子向けのメニューでした。

となると「お子様コース」または大人と同じ「羊蹄」コースのどちらかで迷いましたが、お店の方のおすすめの「お子様コース」に決定。

結果、お子様コースで大正解。実際大人のコースと内容もほぼ変わらないし(「洞爺」と同じく黒毛和牛サーロインステーキもついています)、量的にも十分でした。

ここからは食べた順にざっくり写真で紹介しておきます。

ディナー「洞爺」とキッズコース

まずはワインで乾杯と行きたいところですがプリミエールサロンでスパークリングワインをたくさん頂いた私はもうお酒はいらない状態に・・・

というわけでノンアルコールカクテルにしました。

ノンアルコール・カクテルの「レイク・トーヤ」

ジンジャーエールベースです。写真ではわかりにくいですが2色のグラデーションになっています。底が青い。

こちら(左)は「洞爺湖でハッピーマリッジ」と言う、注文するのに少し恥ずかしくなってしまう名前のカクテル。

下の赤いのは洞爺湖の名産赤シソです。リンゴジュースベースで甘くておいしい。子どもにも人気で追加注文しましたが、またこの名前言うのか・・・と思ってしまいました。

ゴボウの味のポタージュ。(大人・子供共通)
これは家じゃ作れないね、とか当たり前の感想を述べつついただく。まろやか。


ウィンザーホテル内のパン屋さんのパン。他にも人気のパンもどんどん持ってきてくれます。嬉しい。

マグロ、海老、ツブ貝などが入った前菜。(大人・子供共通)

レカン(宝石箱)という名前がついていました。食べながら「海鮮の宝石箱や!」と思ったけど言わなかった。オホホ

フォアグラのほか、フキノトウやギョウジャニンニクなどなど。(大人のみ)
春を感じます。

本日のお魚料理。キッズコース

こちらは大人用のお魚。貝があるかないかの違いだけです。
ホタテがぷりぷりでうまい。

ハスカップのグラニテ。お口なおし的なやつです。
本来キッズコースにはないけどサービスして頂きました。ワーイ

お待ちかねメインのサーロイン。キッズもほぼほぼこんな感じ。(若干お肉が小さいくらい)

危険なくらいよく切れるナイフ

ぶ厚いお肉なのに柔らかくてマジでおいしかった・・・。感激

この時点ですっかり満腹でしたがこれからデザートです。
ラウンジでお菓子なんか食べるから(反省)

キッズ用のデザートプレートです。

プリンアラモードおいしそうー。

雪だるまつき♪

 

大人用のデザートプレート。日本の美ですな。めちゃオシャレです。

バルサミコでマリネしたいちご、求肥、ピスタチオのアイスクリームなどなど。うん、大人だ。


写真だと小さく見えるかもしれませんが結構大きくて、もうすでに満腹だったので少しだけ食べて他は食べてもらいました。

苺のクリームがすごくおいしかったのに残念すぎる。

さらにフィナンシェなどの焼き菓子が出てきました。
おいしそうでしたが胃袋に入る余地なし。

というわけで持ち帰りにしたいとお願いしたら丁寧に包装してくれました。

家に帰ってからおいしく頂きました。

ホットティー。

このあと大浴場が23時までということで、部屋で少し休憩してから慌ただしくお風呂に行きました。

大浴場へ向かう途中、バーでピアノの弾き語り(ジャズ)をしていて、外からも見えるようになっていたのでバスローブで鑑賞しました。雰囲気良かったです。

朝食もギリガンズ・アイランドで

朝食「割烹 杜氏賛歌」の和定食か「ギリガンズ・アイランド」の洋食セットから選べます。

プリミエールスタイルで宿泊したので、ルームサービスも無料で可能でした。お部屋での朝食も憧れる!

けどお店で食べたいという意見が多数だったため、またまたギリガンズ・アイランドへ。

 

アメリカンスタイル(スクランブルエッグ・目玉焼き・オムレツのどれか)または、ジャンボンスタイルというジャンボン・ドスというハムのサラダのどちらかを選択できます。


私はオムレツかなー。ジャンボン・スタイルと迷った。


どちらも朝からスパークリングワインがついてくるのが嬉しい。


1杯だけだけどおいしかった!

お料理は共通してヨーグルトとフルーツつき。

アメリカンスタイル

つるっときれいな表面のオムレツ。中はとろとろ。

こちらはスクランブルエッグ。


ふわっふわ。卵の黄色が鮮やか。


ベーコンはカリッカリ。

サラダ健康に良いですね。

温野菜も健康に良いです。

ジャンボン・スタイル

ジャンボンスタイルは大きなお皿にどっさりサラダと、その上にハムが山盛。

オレンジジュースが手搾りで一番おいしかったかも

このオレンジジュースは朝にスタッフが絞ったものだそうです。

市販のものとは全然違う!フレッシュネス・バーガーのオレンジジュースと同じ味。おかわりしました♪

パンいろいろです。当然全部クリア。

ホテル内で販売しているパン

右のポム・エ・ノワがドライフルーツが入っていておいしかった。

自家製ジャム

水につかったバター。こうすると溶けないのか。勉強になるなあ。

 

食後はのんびり


食後はロビーで生演奏を聴いたり、プリミエールサロンでのんびりしたり、チェックアウト時間までゆっくり過ごしました。


連泊していたらプールで泳いだり、冬は専用のゲレンデでスキーを遊んだり楽しめそうです。やはり1泊なので気分的に少し慌ただしい気もするが、連泊する財力は無いので仕方ない・・・。

せっかくなのでホテル内でランチを食べてから帰るのもいいかなと思ったりもしましたが、朝食をしっかり食べたためお腹と相談してまぁいいか、となりました。


というわけで1泊2日のザ・ウィンザーホテル洞爺、プリミエールスタイルの宿泊記録でした。

なぜか子どもに好評でまた行きたいと。またコツコツ楽天ポイントを貯めようと思います♪

(多分また修正します)

ザ・ウィンザーホテル洞爺のジュニアスイートに庶民が宿泊してみた(楽天ポイント払いw)

ぽちっとしていただけると励みになります!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です